2018.10.23更新

こんにちは(^^)/

衛生士の矢部です(´・ω・`)

 

今日はホワイトニングについてのお話しをします!!

助手さん二人がホワイトニングにより、とても歯が白くなったので

私も負けていられない!!!!!

と挑戦することにしました(`・ω・´))(笑)

 

ホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングに分かれていますが、

今回私が行ったのはホームホワイトニングです!

ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングとは違い、

自宅で気軽にできるホワイトニングです。

 

上下で作製したマウスピースに!

お薬を塗布!!

そのまま装着!!!

朝まで寝るだけ!!!!!!

 

これを二週間続けます!

すると、こんな感じに・・・・・・

 

まず初日

矢部0

なんて事でしょう!衛生士なのに歯が茶色い・・

ダメウーマン┐(´д`)┌

 

そしてこちらが一週間後!

y1

 

なんて白さだ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

そしてさらに!!!!

二週間後の写真がこちらです!

 

y2

 

まっちろちろすけやああああああああΣ(・ω・ノ)ノ!あぁぁぁぁぁぁっぁぁぁあ

 

どうですか?この白さ!うらやましいですか?(´◉◞౪◟◉)

ホワイトニングしたくなりましたよね???(´◉◞౪◟◉)(´◉◞౪◟◉)笑

 

 

Q.ホワイトニングが終わったマウスピースはどうするの?

 

A.またホワイトニングを再開したくなった時にそのまま使えます!

さらに!フッ素ジェルをマウスピースに塗布し、装着し、就寝すれば

効率よくフッ素が取り込まれ、むし歯予防にもなります!

一石二鳥ですね(`・ω・´)ドヤァ

 

やらない理由が見つからないですね!(`・ω・´)ドヤァ

 

以上!!衛生士矢部でした~~~~~~( ◠‿◠ )

投稿者: 大和東さくら歯科

2018.10.16更新

こんにちは!

さくら歯科のおだんごこと、みっこで~~~~~~~す('ω')ノ

今回ゆっきーの影響を受けて、私もホワイトニングをしてみました!!!!

 

 

元々、そこまで歯の色が茶色いとは思ったことなかったみっこですが・・

みっこ始

この写真が始まりです(^^)/

 

そしてこちらが、一週間後の写真です!!

みっこ1うぇえk

か~~~~ら~~~~~~~の~~~~~~~~~~~~~~~('ω')ノ(笑)

 

 

 

2週間後みっこ

じゃ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん(/・ω・)/★★★

 

 

めっちゃ白い!!

みっこ、結構コーヒー紅茶を飲むタイプなんだけど、この白さ維持できるってすごくないですか~?

 

 

みっこ、満足です!!!(´◉◞౪◟◉)★

 

気になる方はスタッフまでお声がけください(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

 

 

 

 

 

投稿者: 大和東さくら歯科

2018.10.09更新

こんにちは(^^)/

大和東さくら歯科のゆっきーです!

最近ホームホワイトニングをはじめました!

 

2週間毎日寝る時に入れてるだけで、本当に歯の色が白くなるのか心配でしたが、

まずこちらをご覧ください。

はじめ

これが始める前の歯の色です。

そしてこちらが一週間後の写真です↓

一週間

めっちゃ白くなってませんか?!すごくないですか?!?!

 

さらに!!!

こちらが二週間後の写真です↓

2週間

一週間後よりも、さらに綺麗になっています!!!!!!!!(^_-)-☆

 

どうですか!!!すごくないですか?!!!

毎日寝る前に入れてるだけで、この効果!大満足です★

 

マウスピースは一度作っておけば、何度でも繰り返し使用可能!

ホワイトニング剤は追加購入可能です!!

 

ホワイトニングってどんな感じだろうと気になる事があれば、スタッフまでお声かけください('ω')ノ

 

以上、ゆっきーでした~★

 

 

 

投稿者: 大和東さくら歯科

2017.03.17更新

おはよう御座います、院長の神賀です。

日曜日は診療をお休みにさせていただいて、勉強会に参加してきました。

基本的にはインプラントを行う先生方の集まりだったんですけども、

銀歯や入れ歯の寿命についてのお話もありました。

まずはそれぞれの再治療までの平均年数ですね。

レジン充填 5年
インレー 5年
鋳造冠 7年
ブリッジ 8年
平均 6年

全て保険治療ですね。

5~6年で半分は何かしら問題が起きて再治療をしているということです。

 

それよりもちょっとびっくりしたのが、

部分入れ歯の平均使用年数     4年

これはまぁわかります、

鉤歯のむし歯の発生率      4年で93%

って入れ歯の金具がかかる歯は、4年たったらほとんどむし歯になっているということです!!

確かに鉤歯にはプラークがよく付着して、衛生状態が悪いことが多いですし、

何度も再治療をしている方が多いなとは思っていましたが、

こうやって数字にすると、すごいですね!

当然ですがこの結果、抜歯のリスクは高くなりますし、そのたびに入れ歯は作りかえる必要が出てきます。

これ見ると入れ歯やめましょうといいたくなりますね。

ただ現実的には、入れ歯がなくなることは無いので、やはりお掃除に定期的に通ってもらうのが大事ですね。

少しでもむし歯の再発リスクを下げることが大事です!

 

投稿者: 大和東さくら歯科

2016.12.19更新

こんばんは、大和東さくら歯科 院長の神賀です。

12月18日は診療所を休診にして、勉強会に行ってまいりました。

”オゾン療法”、世間では”血液クレンジング”なんて呼ばれているかと思います。

 ヨーロッパでは盛んに行われているようで、日本でもすこしづつ浸透してきているようです。

歯科的効能としては、

・歯周病の進行抑制

・歯肉縁下歯石除去にともなう全身的炎症反応の抑制

・外科治療(抜歯、インプラントなど)に伴う菌血症の予防

・インプラント周囲炎の進行抑制

・外科治療後の疼痛抑制

・感染に対する、予防効果

・がん患者の、様々な症状の緩和(その結果QOLが上がり、延命効果もあるそうです)

・末梢神経障害、口腔不定愁訴の緩和(舌痛症など)

などがあげられるようです。

人の体が怪我をしたときなどは、出血して、血餅が出来て、治癒していきます。

人の体の悪いところを治すのは、血液なのです。

なので血液の状態を良くして、活性化させることで、免疫を上げて自己修復能力を上げているのかと思われます。 

まだ当院で導入するかは、決定していませんが、何度か自分で体験してみて効果があれば始めるかもしれないですね。

投稿者: 大和東さくら歯科

2016.11.24更新

おはよう御座います、大和東さくら歯科 院長 神賀です。

雪が降ってるので、みなさん足元気をつけてください。

昨日最近TVなどでも話題になった、3DSの勉強会に行ってまいりました。

当歯科医院でも以前処置を行っていたのですが、薬剤が手にはいらなくなり行わなくなっていました。

しかし最近になって、国内で様々な薬剤が使用できるようになり再開しようと思いお勉強に行ってまいりました。

 

鶴見大学の花田教授が中心となって、口腔内の除菌療法を行っていてデータが集まってきています。

特に歯原性菌血症についての研究が進んでいて、糖尿病や梗塞などは以前から深く関係があることが言われていましたが、

認知症、骨粗しょう症、リウマチ、そしてがんの発生に口腔内の病巣が関連している可能性も示唆されています。

 

そのほか実際に導入している歯科医院の先生からもお話がありました。

治療によって大きな変化があるのが、糖尿病の患者様で、血糖値が良くなっていくそうです。

内科の先生も驚きの変化で、その後その病院から糖尿病の患者様の紹介があるそうです。

歯周病が良くなると、糖尿病が良くなり、

糖尿病が良くなると、歯周病が良くなるそうです。

同時にアプローチするのが、良いみたいですね。

 

歯周病の治療だけでは、結果が出なかった患者様も、3DSをやってみることをお勧めします。

気になる人は、スタッフ、院長に聞いてみてください。

投稿者: 大和東さくら歯科

2016.11.20更新

高濃度ビタミンC 認定医

こんにちわ、大和東さくら歯科 院長 神賀です。

先日病院を休診にして、受けに行ってきた"高濃度ビタミンC点滴療法 認定医”の試験ですが、合格いたしました。

はれてこれで認定医となりましたので、これから積極的に施術していきたいと思います。

ビタミンCは、コラーゲンの重合、アドレナリンの合成、活性酸素の除去、過酸化水素の合成などにかかわっています。

歯科治療での主な対象となる疾患は、

1.がん(口腔がん)      口腔がんの治療と予防のため。

             抗がん剤の副作用である、口内炎の治療のため。

             口腔以外のがんの口腔領域への影響を予防するため。

2.インプラント周囲炎   インプラントの周りの炎症を抑えるため。

             インプラント周囲の骨質を維持するため。

3.歯周病         歯周病の炎症を抑えて、歯周組織を守ります。

4.外科処置        全ての外科処置後の、予後を良くします。

 

 副次的に歯肉のアンチエイジングだけではなく、全身的なアンチエイジングにもにも効果があります。

投稿者: 大和東さくら歯科

2016.10.31更新

おはよう御座います、大和東さくら歯科 院長 神賀です。

10月1,2日は午後の診療をお休みにさせていただいて、

点滴療法の勉強会に参加してきました。

主に高濃度ビタミンC、マイヤーズカクテル、グルタチオン、

美容系、にんにく注射、キレーションの点滴について勉強してきました。

この中でも高濃度ビタミンCは、

口腔がんの補助療法として期待できるものがあり、

真剣に導入をしようと思っています。

アンチエイジングにも効果があるので、

歯肉(歯周病)への効果も期待できると思われます。

マイヤーズカクテルは、歯周病に効果があり、

疲労回復、喘息などにも効果があるようです。

ビタミンB2などを含んだ、点滴や静脈注射は、口内炎にも効果があるようで、

自分、スタッフで試してみて効果が確認で出来れば、

多発性口内炎の治療に導入しようかと思っています。

あと歯科治療に関連するものは、重金属のキレーション治療ですね。

20年ぐらい前までは、歯科でアマルガムという、

無機水銀を含んだ材料が良く使われていました。

少しづつ溶け出したり、むし歯で除去するときに、体内に蓄積してしまいます。

これを体内から排出するのが、キレーション治療です。

美容とかの静脈注射は、法律により歯科で患者様に施術するのは、

難しいかもしれないので、当面は自分とスタッフだけになるかと思われます。

このあたりはもう一度歯科医師法の勉強しないといけないですね。

すでに高濃度ビタミンC,マイヤーズカクテル、美肌注射、にんにく注射は、

自分に行っていますが、美肌注射以外は、即効性があるかと思います。

気になる方は、スタッフとかに聞いてみてください。

投稿者: 大和東さくら歯科

2016.10.09更新


伊東歯科医院

おはよう御座います、大和東さくら歯科 院長 神賀です。

10月1日2日は診療をお休みにして、焼津の伊藤先生のところで、

鎮静法について学んできました。

鎮静法とは、簡単に言うと麻酔のお薬をすこし入れて、

ボーっとした状態で治療進めていく方法です。

歯科治療が極端に怖い人や、インプラントの手術のときに使用することが通常です。

当医院でも、インプラントの手術のときに採用しようと思っています。

患者様のメリットは、ボーっとしている間に手術が終わっているということです。

手術中も意識があるのでこちらの質問に答えることは出来るのですが、

完全に覚醒した後には、もう覚えていません!

手術中の口を開けっ放しにして疲れたことや、ドリルの振動などは忘れてしまっているのです。

なので患者様は非常に楽になります。

体制が整い次第、初めて行きます。

インプラントはしたいけど、”怖い”、"お口あけている時間が長いのはやだな~”とかで、

今まだあきらめていた患者さんがいたらご相談ください。

投稿者: 大和東さくら歯科

2016.09.12更新

8/28ソクラテスの会金属アレルギー

8月の終わりの日曜日に参加してきたソクラテスの会は、インプラント周囲炎の診断と対応方法、それから金属アレルギーの話も上がりました。

これからインプラント周囲炎の患者様が出てくることもあるかと思いますので、

とてもためになるお話でした。

投稿者: 大和東さくら歯科

前へ
PageTop