2016.11.24更新

おはよう御座います、大和東さくら歯科 院長 神賀です。

雪が降ってるので、みなさん足元気をつけてください。

昨日最近TVなどでも話題になった、3DSの勉強会に行ってまいりました。

当歯科医院でも以前処置を行っていたのですが、薬剤が手にはいらなくなり行わなくなっていました。

しかし最近になって、国内で様々な薬剤が使用できるようになり再開しようと思いお勉強に行ってまいりました。

 

鶴見大学の花田教授が中心となって、口腔内の除菌療法を行っていてデータが集まってきています。

特に歯原性菌血症についての研究が進んでいて、糖尿病や梗塞などは以前から深く関係があることが言われていましたが、

認知症、骨粗しょう症、リウマチ、そしてがんの発生に口腔内の病巣が関連している可能性も示唆されています。

 

そのほか実際に導入している歯科医院の先生からもお話がありました。

治療によって大きな変化があるのが、糖尿病の患者様で、血糖値が良くなっていくそうです。

内科の先生も驚きの変化で、その後その病院から糖尿病の患者様の紹介があるそうです。

歯周病が良くなると、糖尿病が良くなり、

糖尿病が良くなると、歯周病が良くなるそうです。

同時にアプローチするのが、良いみたいですね。

 

歯周病の治療だけでは、結果が出なかった患者様も、3DSをやってみることをお勧めします。

気になる人は、スタッフ、院長に聞いてみてください。

投稿者: 大和東さくら歯科

2016.11.20更新

高濃度ビタミンC 認定医

こんにちわ、大和東さくら歯科 院長 神賀です。

先日病院を休診にして、受けに行ってきた"高濃度ビタミンC点滴療法 認定医”の試験ですが、合格いたしました。

はれてこれで認定医となりましたので、これから積極的に施術していきたいと思います。

ビタミンCは、コラーゲンの重合、アドレナリンの合成、活性酸素の除去、過酸化水素の合成などにかかわっています。

歯科治療での主な対象となる疾患は、

1.がん(口腔がん)      口腔がんの治療と予防のため。

             抗がん剤の副作用である、口内炎の治療のため。

             口腔以外のがんの口腔領域への影響を予防するため。

2.インプラント周囲炎   インプラントの周りの炎症を抑えるため。

             インプラント周囲の骨質を維持するため。

3.歯周病         歯周病の炎症を抑えて、歯周組織を守ります。

4.外科処置        全ての外科処置後の、予後を良くします。

 

 副次的に歯肉のアンチエイジングだけではなく、全身的なアンチエイジングにもにも効果があります。

投稿者: 大和東さくら歯科

PageTop