2016.10.31更新

おはよう御座います、大和東さくら歯科 院長 神賀です。

10月1,2日は午後の診療をお休みにさせていただいて、

点滴療法の勉強会に参加してきました。

主に高濃度ビタミンC、マイヤーズカクテル、グルタチオン、

美容系、にんにく注射、キレーションの点滴について勉強してきました。

この中でも高濃度ビタミンCは、

口腔がんの補助療法として期待できるものがあり、

真剣に導入をしようと思っています。

アンチエイジングにも効果があるので、

歯肉(歯周病)への効果も期待できると思われます。

マイヤーズカクテルは、歯周病に効果があり、

疲労回復、喘息などにも効果があるようです。

ビタミンB2などを含んだ、点滴や静脈注射は、口内炎にも効果があるようで、

自分、スタッフで試してみて効果が確認で出来れば、

多発性口内炎の治療に導入しようかと思っています。

あと歯科治療に関連するものは、重金属のキレーション治療ですね。

20年ぐらい前までは、歯科でアマルガムという、

無機水銀を含んだ材料が良く使われていました。

少しづつ溶け出したり、むし歯で除去するときに、体内に蓄積してしまいます。

これを体内から排出するのが、キレーション治療です。

美容とかの静脈注射は、法律により歯科で患者様に施術するのは、

難しいかもしれないので、当面は自分とスタッフだけになるかと思われます。

このあたりはもう一度歯科医師法の勉強しないといけないですね。

すでに高濃度ビタミンC,マイヤーズカクテル、美肌注射、にんにく注射は、

自分に行っていますが、美肌注射以外は、即効性があるかと思います。

気になる方は、スタッフとかに聞いてみてください。

投稿者: 大和東さくら歯科

2016.10.09更新


伊東歯科医院

おはよう御座います、大和東さくら歯科 院長 神賀です。

10月1日2日は診療をお休みにして、焼津の伊藤先生のところで、

鎮静法について学んできました。

鎮静法とは、簡単に言うと麻酔のお薬をすこし入れて、

ボーっとした状態で治療進めていく方法です。

歯科治療が極端に怖い人や、インプラントの手術のときに使用することが通常です。

当医院でも、インプラントの手術のときに採用しようと思っています。

患者様のメリットは、ボーっとしている間に手術が終わっているということです。

手術中も意識があるのでこちらの質問に答えることは出来るのですが、

完全に覚醒した後には、もう覚えていません!

手術中の口を開けっ放しにして疲れたことや、ドリルの振動などは忘れてしまっているのです。

なので患者様は非常に楽になります。

体制が整い次第、初めて行きます。

インプラントはしたいけど、”怖い”、"お口あけている時間が長いのはやだな~”とかで、

今まだあきらめていた患者さんがいたらご相談ください。

投稿者: 大和東さくら歯科

PageTop