2015.05.01更新

こんにちわ、大和東さくら歯科院長の神賀です。

先日お休みをいただきまして、インプラント関連の勉強会に行ってきました。

今まではインプラントを”いかに骨の無いところでも埋められるようにするのか"を中心に勉強をしてきました。

今回はインプラント周囲の軟組織(歯肉)をいかにいい状態に持っていくか、

いい状態に持っていくとどうなるのかを勉強してきました。

当然今までも軟組織について勉強はしてきましたが、手技的なことばかりでした。

特に今回の勉強会で良かった事は、不幸にも歯周病菌に感染してしまって骨の吸収が起こり、

歯肉が痩せてしまったときのリカバリーの方法です。

もし不幸にも歯茎が痩せてしまった場合も、インプラントを多少延命させることが出来るかもしれないです。

ただしそうならないことが重要なので、日ごろからメンテナンスには通ってください。

投稿者: 大和東さくら歯科

PageTop