2018.01.24更新

少し前にミラクルデンチャーのお話しをしましたが、今回はインプラントを応用した入れ歯のお話しです。

いまさくら歯科で一番噛む力が発揮できる入れ歯が、”インプラントオーバーデンチャー”です。

現在総入れ歯の方も、そこに至るまでは”部分床義歯”と呼ばれる自分の歯に金具を引っ掛けて入れ歯を固定していたかと思います。

入れ歯を固定する装置があれば、総入れ歯のように完全に入れ歯が落ちてくることはなくなります。

そこで”インプラント”です。

小さなインプラントを2~4本埋め込み、それを入れ歯の支えにするので。

インプラントは骨に直接結合して動きません。

なのでしっかり咬んでも、入れ歯は沈み込まないのです。

沈み込まなければ、入れ歯の動きは最小限になってしっかりと噛むことができます。

ここで問題になってくるのが、入れ歯の強度です。

今までにもインプラントオーバーデンチャーを作って、

プラスティックの入れ歯が割れてしまった方がいますが、

プラスティックの入れ歯はまた割れてしまう可能性が高いので、

金属製の強度のある入れ歯にしています。

そして皆さん”最初から金属製の入れ歯にすればよかった”といっています。

それはなぜかといいますと、強度があるので入れ歯がたわまない。

結果か力が逃げないので、より力強く噛めるようになるのです。

また強度があるので入れ歯が薄く作れる → 違和感が少なくなります。

興味のある方は一度相談だけでもいらしてください。

 

投稿者: 大和東さくら歯科

2018.01.20更新

さて前回は口呼吸を矯正治療で改善していくお話をしました。

今回はもう少し具体的に、必要な装置などについて説明していきます。

空気の通り道を矯正治療で拡大して鼻呼吸できるようにしましょうということでしたが、

上顎(口蓋)の構造は、左右の骨が真ん中(正中口蓋縫合)でくっついているのです。

この正中口蓋縫合を、左右に広げることで上顎を拡大していきます。

ちなみに矯正治療が主な目的なので、歯並びのいい人は治療の対象にならないかと思われます。

上顎を拡大する装置は、クワッドへリックス、ハイラックス、拡大床などがあります。

このうち拡大床は歯の移動がメインなので、あまり上顎は広がりません(少しは広がるかも)。

なので口呼吸の改善のためには、クワッドへリックスかハイラックスが必要になってくるかと思います。

この二つは歯にバンドといわれる装置をつけて上顎に固定していきます。

あとはねじを巻いて上顎を広げていくようにします。

3~6ヶ月ほどかけて拡大し、歯にブラケットと呼ばれる装置をつけて、細いワイヤーで歯並びを整えていきます。歯が並んだらリテーナーと呼ばれる取り外しが出来る歯列固定装置入れていきます。

投稿者: 大和東さくら歯科

2018.01.04更新

あけましておめでとう御座います、大和東さくら歯科 院長 神賀です。

昨年導入したミラクルデンチャーですが、すこし調整に時間はかかりますが、

ぴったり入る感じが、通常の入歯よりもいいですね。

おかげで入歯の動きが少なくなり、よくご飯が食べれているようです。

入歯で悩んでいる方、一度ご相談ください。

費用のほうは、1装置25万円~となっています。

 

入れ歯のページ

 

 

 

投稿者: 大和東さくら歯科

PageTop