2017.03.05更新

こんにちは大和東さくら歯科 院長 神賀です。

インプラント治療時にどうしても患者様に頑張っていただかなきゃいけないのが、

お口をあけている時間が長いことです。

これ結構大変だとおっしゃる患者様もいて、どうしたものかと思っていました。

以前から静脈内鎮静法という方法があって、導入しようか考えていたのですが、

麻酔科の専門医の先生を呼んで行うので、

予定を組むのが難しく導入に至りませんでした。

そんな折、麻酔科の先生から”筋肉内鎮静法"を教えていただいて、当医院でも導入を決めました。

この新たに導入した筋肉内鎮静法、インフルエンザの予防接種などと同じように肩の近くに注射していきます。

早い人だと5分ほどでぼんやりしてきます。

少しボーっとした状態でインプラント治療を、受けていただくことになります。

メリットは恐怖心も和らぎ、時間の感覚も鈍くなるので、

”お口をあけているのがつらい”、”手術が怖い”などがかなり軽減されるということです。

”インプラントしたいけど、手術怖いな~”とか考えている人は一度相談に来てみてください。

ただしデメリットもあって、判断が鈍くなるので当日は車、自転車などの運転は厳禁です。

なので家族の方にお迎えにきてもらうか、歩いて帰るかしてくださいね。

 

投稿者: 大和東さくら歯科

PageTop