2018.07.23更新

大和東さくら歯科 院長 神賀です。

7月22日 日曜日は休診とさせていただいて、

矯正治療のセミナーに行ってきました。

今回参加した”『プレオルソ』こども歯ならび矯正法”は、

I期治療と呼ばれる本格矯正の前段階で、

顎を少し広げたり、お口周りの悪い癖を改善したりして、歯並びが悪くなった原因を取り除いていくような治療になります。

特に悪い癖の改善が大きいかと思います。

悪い癖(唇、舌を噛んだり、舌の位置が悪い)を取り除くことで前歯にかかる不要な力を取り除くことが出来ます。

これにより唇と舌の間、頬と舌の間に歯は並ぼうとします。

このことから出っ歯、開口(前歯がかみ合わない)、

受け口の改善にはとても効果があると考えられます。

主に6歳前後からはじめることが多いかと思われますが、

受け口などは早い段階での治療が、効果的と考えています。

小さな装置もあるので、お口の大きさによっては、

4歳ぐらいからでも始められるかと思います。

”うちの子、受け口気になるな~”とか、

”出っ歯だな~”とか少しでも気になる方は、

一度ご相談だけでもきてみてください。

 TEL 046-263-1661

 

プレオルソのHP

投稿者: 大和東さくら歯科

PageTop