2018.01.24更新

少し前にミラクルデンチャーのお話しをしましたが、今回はインプラントを応用した入れ歯のお話しです。

いまさくら歯科で一番噛む力が発揮できる入れ歯が、”インプラントオーバーデンチャー”です。

現在総入れ歯の方も、そこに至るまでは”部分床義歯”と呼ばれる自分の歯に金具を引っ掛けて入れ歯を固定していたかと思います。

入れ歯を固定する装置があれば、総入れ歯のように完全に入れ歯が落ちてくることはなくなります。

そこで”インプラント”です。

小さなインプラントを2~4本埋め込み、それを入れ歯の支えにするので。

インプラントは骨に直接結合して動きません。

なのでしっかり咬んでも、入れ歯は沈み込まないのです。

沈み込まなければ、入れ歯の動きは最小限になってしっかりと噛むことができます。

ここで問題になってくるのが、入れ歯の強度です。

今までにもインプラントオーバーデンチャーを作って、

プラスティックの入れ歯が割れてしまった方がいますが、

プラスティックの入れ歯はまた割れてしまう可能性が高いので、

金属製の強度のある入れ歯にしています。

そして皆さん”最初から金属製の入れ歯にすればよかった”といっています。

それはなぜかといいますと、強度があるので入れ歯がたわまない。

結果か力が逃げないので、より力強く噛めるようになるのです。

また強度があるので入れ歯が薄く作れる → 違和感が少なくなります。

興味のある方は一度相談だけでもいらしてください。

 

投稿者: 大和東さくら歯科

PageTop