2017.11.22更新

引き続きについてですね。

今回は口呼吸による弊害について。

①歯科疾患(歯周病、むし歯、ドライマウス、口内炎、口臭)

  口呼吸により口腔内が乾燥する、結果唾液の流量が減り菌の繁殖を抑えることが出来なくなる。

  そのため歯周病やむし歯が進行します。口臭の原因にもなります。

②鼻の疾患(蓄膿症、鼻炎)

  鼻で呼吸することで血流が良くなり、膿を排出するようになります。口呼吸により菌やウイルス、

  花粉などのアレルゲンを排出することが出来なくなり、症状を悪化させます。

③呼吸器疾患(気管支炎、喘息、扁桃病巣感染症)

  口呼吸により、鼻のフィルターを通さないので、ホコリ、カビ、ダニなどのアレルゲン、

  細菌やウイルス等が、直接扁桃、気管支や肺に入ってきてしまいます。

  これが原因で気管支炎などが発症します。

④睡眠時無呼吸症候群

  寝ているときに無呼吸状態になることで、深い眠りに入ることが出来ず、

  昼間に眠気が襲ってきたり、集中力が保てなくなったりします。

  また無呼吸になることで、一時的に血圧が上がり、心臓に負担をかけてしまいます。

これらの症状は口呼吸をやめることで、軽減していきます。

投稿者: 大和東さくら歯科

PageTop