2017.11.13更新

おはよう御座います、大和東さくら歯科 院長 神賀です。

昨日は私がセミナーに出席するため、休診となってしまい、

患者様には御迷惑をおかけしてしまいました。

さてそのセミナーですが、口呼吸と矯正治療についてです。

お子様に次のような症状があったら要注意です。

○鼻がよくつまる

○口をぽかんと開けていることが多い

○いびきをかく

○前かがみで、猫背、姿勢が悪い

○食べているときにクチャクチャ音がする

○上の歯並びが逆V字になっている

○上あごの天井が高い

○扁桃腺が腫れたり、風邪を引きやすい(扁桃腺を摘出しましょうといわれたことがある)

○寝汗をかく

○寝ているとき立ったり座ったりする

○おねしょをする

○睡眠時間十分なのに、朝起きた時にボーっとしている

○少し走るだけですぐに息切れする

○食事は早食いで、噛まずに飲み込んでいる

○食事が人と比べると、極端におそい

○中耳炎になりやすい

○授業中落ち着きが無い

○キレやすい

○飽きっぽい、集中力が続かない

これらの症状があると、口呼吸をしていると思われます。

よくお子様を観察してみてください。

 

投稿者: 大和東さくら歯科

PageTop