2016.11.20更新

高濃度ビタミンC 認定医

こんにちわ、大和東さくら歯科 院長 神賀です。

先日病院を休診にして、受けに行ってきた"高濃度ビタミンC点滴療法 認定医”の試験ですが、合格いたしました。

はれてこれで認定医となりましたので、これから積極的に施術していきたいと思います。

ビタミンCは、コラーゲンの重合、アドレナリンの合成、活性酸素の除去、過酸化水素の合成などにかかわっています。

歯科治療での主な対象となる疾患は、

1.がん(口腔がん)      口腔がんの治療と予防のため。

             抗がん剤の副作用である、口内炎の治療のため。

             口腔以外のがんの口腔領域への影響を予防するため。

2.インプラント周囲炎   インプラントの周りの炎症を抑えるため。

             インプラント周囲の骨質を維持するため。

3.歯周病         歯周病の炎症を抑えて、歯周組織を守ります。

4.外科処置        全ての外科処置後の、予後を良くします。

 

 副次的に歯肉のアンチエイジングだけではなく、全身的なアンチエイジングにもにも効果があります。

投稿者: 大和東さくら歯科

PageTop