2015.01.05更新

みなさん、こんにちは!
大和市にある「大和東さくら歯科」の院長、神賀緑郎です!

歯並びを良くしたいお子さんの場合、床矯正がおすすめという話をしてきましたが、大人の場合はどうでしょう。もちろん大人だからと言って諦める必要はありません。
ただ、永久歯が生えそろった後に顎そのものを大きくするのはかなり難しいことです。ですので、床矯正は効果が望めません。

では、どうするか。方法としてはマルチブラケットというやり方が挙げられます。
これは、一般に歯列矯正と聞いてイメージされるような、ワイヤーを使った治療方法です。
ただ。このやり方の場合、口を開けたときに器具が目立ってしまうという難点があります。そのため、思春期の若者や仕事でたくさんの人と会う社会人は敬遠しがちです。

確かに、見た目を良くしたいと歯列矯正を行うのに、治療の間中見た目が悪くなってしまうわけですから、なんともジレンマを抱えてしまいます。
そこで当院では器具を目立たせず、少しずつ歯の位置を正しい場所に動かしていく「マウスピース矯正」を行っています。

その名の通り、マウスピースを使って歯列を整えていくやり方で、さまざまなメリットが見込める治療方法と言えるでしょう。
次回以降のブログ記事で、治療の方法やそのメリットについてご紹介していこうと思います。

投稿者: 大和東さくら歯科

PageTop